ファイルの表示

テキストファイルの表示

一画面に収まる程度のテキストファイルはcatコマンドで、それ以上の長さのファイルはlessコマンドを使うのが一般的。catコマンドはテキストファイルの結合にも利用できる

cat:ファイルの内容を標準出力に出力する。

【書式】 cat [オプション] [ファイル名]

[主要なオプション]
-n 行番号を付けて表示する

複数のファイルを結合する場合にも利用できる
[利用例] file1.txt と file2.txt を結合して file3.txt にする。
$ cat file1.txt file2.txt > file3.txt

less:ファイルの内容を1画面ずつ表示する

【書式】 less [ファイル名]

[主要なコマンド]

スペース1ページ進める
gファイルの先頭へ移動する
Gファイルの末尾へ移動する
/文字列文字列カーソルの位置から末尾方向へ文字検索をする
?文字列文字列カーソルの位置から先頭方向へ文字を検索する
n次の検索結果へ移動する
N次の検索結果へ移動する(逆方向)
vviを起動して編集する
q終了する

バイナリファイルの表示

コンピュータが解釈して実行するプログラムファイルやアプリケーションが使用するデータファイルを、読むことは出来ないバイナリファイルを表示する。

od:ファイルの内容を8進数や16進数で表示する

【書式】 od [オプション] [ファイル名]
※オプションを省略すると8進数で表示する

[主要なオプション]
-t o 8進数で表示する
-t x 16進数で表示する

hexdump:ファイルの内容を16進数や8進数で表示する

【書式】 hexdump [オプション] [ファイル名]
※オプションを省略すると16進数で表示する

[主要なオプション]
-c 1バイトのキャラクタで表示する
-o 8進数で表示する
-d 10進数で表示する
-x 16進数で表示する
-C 16進数とキャラクタで表示する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です