ファイルとディレクトリ操作

ディレクトリの表現

ファイルやディレクトリの表現方法として、「/」ルートディレクトリを始めとする絶対パスと、カレントディレクトリを起点とする相対パスがある。

絶対パス:/etc/init.d /home/user

相対パス:./init.d ./user ../rc.d

使用頻度が高いディレクトリに対しては特別な表記が用意されている。

表記法説明
.カレントディレクトリ(今のディレクトリ)
..親ディレクトリ(ひとつ上のディレクトリ)
~カレントユーザーのディレクトリ
~userユーザーuserのホームディレクトリ

ファイルの操作コマンド

ls:ディレクトリ内のファイルやディレクトリの一覧を見る
【書式】 ls [オプション] [ファイル名 / ディレクトリ名]

[主なオプション]
-a 隠しファイルを含め全てのファイル、ディレクトリを表示する
-A -aと同じだが、カレントディレクトリと親ディレクトリは表示されない
-i iノード番号を表示する
-l 詳細な情報(パーミッションなど)を表示する
-d 引数に指定したディレクトリ自体の情報を表示する

cp:ファイルとディレクトリをコピーする
【書式】
cp [オプション] コピー元ファイル名 コピー先ファイル名 / ディレクトリ名
cp -r コピー元ディレクトリ名 コピー先ディレクトリ名

[主なプション]
-i コピー先に同名のファイル / ディレクトリがすでに存在する場合に上書きするか確認する
-f コピー先に同名のファイル / ディレクトリがすでに存在する場合に強制上書きする
-p ファイル属性をできるだけ保ったままコピーする
-r ディレクトリをコピーする

mv:ファイルやディレクトリを移動する
【書式】 mv [オプション] ファイル名 / ディレクトリ名 ファイル名 / ディレクトリ名

[主なオプション]
-i 移動先に同名のファイル / ディレクトリがすでに存在する場合に上書きするか確認する
-f 移動先に同名のファイル / ディレクトリがすでに存在する場合に矯正上書きする

rm:ファイルやディレクトリを削除する
【書式】 rm [オプション] ファイル名 / ディレクトリ名

[主なオプション]
-i 削除してよいかファイルごとに確認をする
-f 確認をせずに削除する
-r ディレクトリを丸ごと削除する

touch:ファイルのタイムスタンプを変更する
【書式】 touch [オプション] ファイル名

[主なオプション]
-i 日時を指定してタイムスタンプを変更する

ディレクトリ操作コマンド

cd:カレントディレクトリを変更する
【書式】 cd [オプション] [パス]

[主要なオプション]
– 一つ前のディレクトリに戻る

pwd:カレントディレクトリの絶対パスを表示する
【書式】 pwd

mkdir:新しいディレクトリを作成する
【書式】 mkdir [オプション] ディレクトリ名

[主要なオプション]
-p ディレクトリ作成にあたって必要な親ディレクトリを同時に作成する
-m パーミッションを指定する

rmdir:空のディレクトリを削除する
【書式】 rmdir ディレクトリ名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です