シェル変数と環境変数

シェル変数

任意の変数に値を格納できる。変数名は大文字小文字は区別される。変数に値を設定することを「代入」と言う。変数は定義されたシェル上だけで有効であり、別のシェルからは参照できない。変数を使用する場合は、変数名の先頭に「$」をつける。

例:変数MOJIを定義する。
$ MOJI = Linux
$ echo $MOJI
Linux

環境変数

定義したシェル状や、子孫プロセス(シェル上で実行させたプログラムや、別のシェル上)からも参照できる。exportコマンドを利用することでシェル変数を環境変数として定義できる。

例1:変数MOJIを環境変数として定義する。
$ export MOJI

例2:変数MOJIに値を代入し、同時に環境変数として定義する。
$ export MOJI = Linux

環境変数とシェル変数を表示する
$ set

unsetコマンドで定義済みの変数を削除できる。
$ unset MOJI

ユーザー環境

シェル変数や環境変数には、予め設定されている変数がある。

変数説明
PATHコマンド検索パス
LANG使用する言語
USERカレントユーザー
HOSTNAMEホスト名
PWDカレントディレクトリのパス
HOMEホームディレクトリのパス
PS1コマンドプロンプト表示の文字列
PS2二次プロンプトの文字列
HISTFILEコマンド実行履歴の格納ファイル
HISTSIZEコマンド実行履歴の最大記録数

引用符

シェルで利用できる引用符は3種類ある。

単一引用符(シングルクォーテーション)

引用符内が文字列であることを表す

例:変数DATAの値が「pwd」の場合
$ echo ‘$DATA’
$DATA

二重引用符(ダブルクォーテーション)

引用符内が文字列であることを表す。ただし、変数は展開される

例:変数DATAの値が「pwd」の場合
$ echo “$DATA”
pwd

逆引用符(バッククォーテーション)

引用符内をコマンドであるとみなし、その実行結果と置き換える。ただし、変数は展開される。

例:変数DATAの値が「pwd」であり、カレントディレクトリがホームディレクトリの場合
$ echo `$DATA`
/home/user

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です