【備忘録】Ubuntu18.04/FTPサーバー : Vsftpd 導入

Ubuntu環境にFTPサーバー導入

ubuntu18.04環境下にFTPサーバvsftpdを導入します。

このページは作業内容を記録する自分自身の作業メモです。
参考になるかは不明ですが、記録として残しておきます。

ローカルエリア環境下で使用するftpサーバーですのでSSLは必要ないですかね。。。
とりあえず導入していきます。

ubuntu@user: ~$ sudo apt -y install vsftpd

ubuntu@user: ~$ sudo vi /etc/vsftpd.conf

# 31行目:コメント解除(書き込み許可)
write_enable=YES

# 99,100行目:コメント解除(アスキーモード転送許可)
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

# 122行目:コメント解除(chroot 有効)
chroot_local_user=YES
# 123行目:コメント解除(chroot リスト有効)
chroot_list_enable=YES

# 125行目:コメント解除(chrootリスト指定)
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

# 131行目:コメント解除(ディレクトリごと一括での転送有効)
ls_recurse_enable=YES

# 最終行へ追記:chrootのルートディレクトリ指定
# 指定しない場合はユーザーのホームディレクトリ直下になる
# public_htmlを指定した場合で、且つ当該ディレクトリがないとログインできないので注意
local_root=public_html
# seccomp filter をオフにする
seccomp_sandbox=NO

ubuntu@user: ~$ sudo vi /etc/vsftpd.chroot_list

# 上の階層へ移動を許可するユーザーを行毎に列挙
ubuntu

ubuntu@user: ~$ sudo systemctl restart vsftpd

以上でFTPサーバー導入です。

お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です