【私の備忘録】Cisco1812Jの初期設定編3ローカル側設定編

ここからローカル側の設定を行います。
VLANを設定し、VLAN1(WANポート)、VLAN10(ローカルポート)で振り分けます。
さらにDHCPを有効にして自動的にIPを取得させます。
NAT設定、デフォルトルートの設定、DNS(Googleより取得)を設定していきます。

RT1(config)#int vlan10
RT1(config-if)#no shut
RT1(config-if)#exit

RT1(config)#int range fa 2-9
RT1(config-if-range)#switchport access vlan 10
RT1(config-if-range)#no shut
RT1(config-if-range)#exit

RT1(config)#service dhcp
RT1(config)#no ip dhcp conflict logging #DHCPデータベースエージェントを無効
RT1(config)#ip dhcp excluded-address 開始IPアドレス 終わりのIPアドレス #DHCPの除外IPを設定する場合
RT1(config)#ip dhcp pool プール名
RT1(dhcp-config)#import all
RT1(dhcp-config)#network IPアドレス サブネットマスク
RT1(dhcp-config)#default-router GWのIPアドレス
RT1(dhcp-config)#exit

NATを利用するIPアドレスの範囲をACLで指定します。今回はaccess-list 1で作成します。
RT1(config)#access-list 1 permit 192.168.0.0 0.0.0.255
RT1(config)#ip nat inside source list 1 interface dialer 1 overload
RT1(config)#dialer-list 1 protocol ip permit
RT1(config)#interface vlan 10
RT1(config-if)#ip nat inside
RT1(config)#interface dialer 1
RT1(config-if)#ip nat outside
RT1(config-if)#exit

LANとWANのつなぎ込みは終了、デフォルトルートの記載が無いとネットにつながらないため以下のように設定する。
RT1(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 dialer 1 permanent

最後にルータのDNSを設定します。
RT1(config-if)#ip dns server
RT1(config-if)#ip domain lookup
RT1(config-if)#ip name-server 8.8.8.8
RT1(config-if)#ip name-server 8.8.4.4

3記事に渡って少し長くなりましたが、以上でWAN側PPPOEの設定からLAN側のIPアドレスの設定 NAT PATの設定と DNSサーバーの設定 デフォルトルートの設定でした。



コメントする